プレスリリース

食品スーパー「マルヤス」、スマホを利用したセルフレジ「ピピットスマホ」を導入

2020年12月8日
東芝テック株式會社

東芝テック株式會社(本社:東京都品川區、代表取締役社長:錦織弘信)は、スマホを利用したセルフレジ?ピピットスマホ?を、食品スーパーマーケットを運営する株式會社マルヤス(本社:三重県津市、代表取締役社長:坂崎公亮)のBASIC島崎店へ12月8日より導入いたします。

ピピットスマホは、食品スーパーマーケットなどで消費者自身のスマホで店內を買い物しながら商品のバーコード読み取りを行い會計も行なうことができるアプリです。レジ待ち時間の短縮やレジ業務の省人化に貢獻するとともに新たな購買體験を提供します。ピピットスマホの導入は小売店スタッフと消費者の接觸機會を減らし、新型コロナウイルス感染リスクの軽減にも貢獻します。

東芝テックは小売業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援することで、小売店と消費者の雙方に付加価値を提供してまいります。

 

ピピットスマホの概要

■対応端末:iPhone/Android 
■主な特長

  • (1)アプリをスマホにダウンロードすることにより、ポイントカード會員非會員問わずどなたでもご利用できます。
  • (2)消費者自身のスマホで商品登録を行い、お買物中に合計額をリアルタイムで表示します。
  • (3)タイムサービスや組合せ販売など通常のPOSレジと同様に価格を表示します。
  • (4)店舗の運用により、支払いは現金や電子マネーにて専用會計機による決済と、クレジットカードの事前登録によるスマホ決済から選択できます。(豊富な決済バリエーションから選択できます)
  • (5)當社の関連システムとの連攜が可能です。(電子レシートシステム「スマートレシート」、顧客情報システム「CSdelight」等)

アプリのダウンロードサイト

■App store:

■Google play:



運用イメージ

 

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの內容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。
予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
最新のお問い合わせ先は、 お問い合わせ一覧をご覧ください。